2019年02月04日

小説「喫茶店のマスター黒羽の企業秘密2」完結

「喫茶店のマスター黒羽の企業秘密2」を、カクヨム、アルファポリス、小説家になろうで投稿しています。


今回は、前回よりもバトル要素が多めでした。いや、書いていて面白かったです。

現在、長編の構想を考えていますので、(たぶんタイトルは喫茶店のマスター黒羽の企業秘密3)
完成次第投稿します。

次回作は、喫茶店のマスター黒羽の企業秘密2で名前だけ登場したウトバルク王国を舞台にしようと考えています。


では


unndouhazimeyou at 20:36|PermalinkComments(0)

2019年01月14日

小説のネタに行き詰まったら~アイデアは組み合わせ~

小説を書きたい。けど、アイデアが思い浮かばないってときがありますよね。 そのようなとき、アイデアを思いつく方法はいくつもあります。 僕がよく実践している方法は、アイデアを組み合わせるというものです。

人間の創造力はたくましいもので、世の中にある小説は、あらゆる内容が書かれ尽くされており、完全にオリジナルの内容を生み出すのは簡単な話ではありません。 「あ、これは誰も思いついていない」と思っても、どこかの部分は似ることが多いです。

では、どうするのか?そこでアイデアは組み合わせという話に繋がるのです。 一つ一つは既存のアイデアでも、組み合わせることで新しいアイデアを生み出せます。

例えば、僕の作品である「喫茶店のマスター黒羽の企業秘密」は、喫茶店と異世界ファンタジーを組み合わせたものです。 グルメと異世界の組み合わせはすでにありますが、僕の場合、沖縄の喫茶店を登場させたり、バトル要素を加えたりすることで差別化を図っています。


「町の名前が思い浮かばない」 「小説のアイデアが底をついた」 などの悩みがある方はぜひお試しを。


……ついでに、「もっといい方法あるよ」「他にはこんな方法が」という方は、Twitterで伝えてくれると嬉しいです。

unndouhazimeyou at 02:40|PermalinkComments(0)小説に関する呟き 

2019年01月12日

長編執筆完了~喫茶店のマスター黒羽の企業秘密2~

「喫茶店のマスター黒羽の企業秘密2」の執筆が完了しました。
予定では、2018年以内には各サイトに投稿するつもりだったのですが、意外と時間がかかっちゃいましたね。

あらすじは以下の通りです。
沖縄で喫茶店を経営する黒羽秋仁の企業秘密、それは異世界トゥルーで食材の仕入れを行っていること。
彼は異世界トゥルーの西に位置する『ウト大陸』にある港町プリウに、ドラゴンの相棒「彩希」と共に訪れていた。
沖縄の琉花町で開催される琉花祭に出店するため、食材の仕入れに訪れただけだったが、ドラゴンの第二の心臓とも言えるドラゴニュウム精製炉が埋め込まれた剣と、謎の麻薬バーラスカにまつわる事件に関わることになる。
その背後には、狂える男「代弁者」の暗い影があった。



バトル要素が前作よりも多めですので、「戦う喫茶店のマスター」を見たいという方は、ぜひ!

小説家になろう、カクヨム、アルファポリスに投稿いたしますので、お暇がある時にでもチェックしてくれると嬉しいです。では!



unndouhazimeyou at 02:45|PermalinkComments(0)あいさつ・告知